一般社団法人データサイエンティスト協会

ニュース

お知らせ

2021年度版「データサイエンティスト スキルチェックリストver.4」およびデータサイエンス領域タスクリスト ver.3」を発表

2021/11/19
一般社団法人データサイエンティスト協会

 

このたび、データサイエンティスト協会 スキル定義委員会(委員長:安宅 和人、副委員長:佐伯 諭)は、11月16日(火)に開催した「データサイエンティスト協会8thシンポジウム」内において発表した、データサイエンティストに必要とされるスキルをまとめた「データサイエンティスト スキルチェックリスト」の第4版を公開いたしました。

本内容は、2019年に第3版として公開したデータサイエンティストの「ミッション、スキルセット、定義、スキルレベル」および「スキルチェックリスト」を、現在のビジネス環境や実態にあわせて全面的に見直したものです。改定のポイントは大きく以下の通りです。詳細はスキル定義委員会発表資料に記載しています。

・AI活用や機械学習のシステム運用、アルゴリズム、それに伴う倫理課題に関するスキル追加
・数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラムとの整合性を調整し、★1スキルやカテゴリ・サブカテゴリ名称の大幅見直し
・ライブラリ活用やクラウドサービスの一般化に伴うスキルの更新。特に、★1スキルの相対的増加
・各領域のカテゴリ、サブカテゴリや領域を跨るスキル、必須スキルの見直し
・全体として528項目から572項目へ

また、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が定める「ITSS+(プラス)」の「データサイエンス領域」において、当協会と共同で2017年4月に発表した「タスクリスト」の更新もあわせて実施し、「2021年版 タスクリスト ver.3」も発表しました。

本タスクリストは、各スキル要件がどのようなプロセスに必要とされるかを整理した、横断的な内容で、ITスキル標準(ITSS)の新領域「データサイエンス領域」にて採用された「スキルチェックリスト」を補完するものとなっています。プロセスの全体観と必要なスキル項目がセットで明確化されることを通じ、より一層、習得、スキルの利活用に向けた道筋が明確化することを期待しております。

スキル定義委員会は、2014年にデータサイエンティストの「ミッション、スキルセット、定義、スキルレベル」、2015年に「データサイエンティスト スキルチェックリスト」、2016年に422のスキル項目がインターネット上でセルフチェックできるウェブサイト(*1)を立ち上げるなど、データサイエンティストという新たな職種が健全に成長をするための環境整備に取り組んでまいりました。 なお、以前のバージョンと比較したスキルチェックリスト、タスクリストに関しては2021年11月中に追って発表いたします。また、来年度のデータサイエンティスト検定はこの更新版に基づき、検定範囲を更新する予定です。

・ 「スキルチェックリスト ver.4」は、以下よりダウンロードいただけます。
https://www.datascientist.or.jp/common/docs/skillcheck_ver4.00_simple.xlsx
・ 「データサイエンティスト協会8thシンポジウム」での「スキル定義委員会発表資料」は、以下よりダウンロードいただけます。
https://www.datascientist.or.jp/symp/2021/pdf/20211116_1400-1600_skill.pdf
・IPAから発表されたデータサイエンス領域のタスクリストver.3は、以下よりダウンロードいただけます。
https://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/itssplus.html

*本プレスリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれの権利者の商標または登録商標です。
*本プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。


 

ページトップへ

入会のご案内

会員一覧

求人情報

DSS Journal

最新情報をつぶやいています