一般社団法人データサイエンティスト協会

協会概要

協会概要

名称 一般社団法人データサイエンティスト協会
The Japan DataScientist Society
設立日 2013年5月15日
目的

社会のビッグデータ化に伴い重要視されているデータサイエンティスト(分析人材)の育成のため、その技能(スキル)要件の定義・標準化を推進し、社会に対する普及啓蒙活動を行う。

分析技術認定(レベル認定)などの活動を通じて、分析能力の向上を図るための提言や協力を惜しまない支援機関として、高度人材の育成とデータ分析業界の健全な発展に貢献する。

活動内容
  1. データサイエンティストに必要とされる技能(スキル)要件、知識・経験のレベル定義とその標準化の推進、ならびにその普及啓蒙活動
  2. データサイエンティストの認定制度、資格検定制度等の企画、開催、運営
  3. ベストプラクティスやデータサイエンスに関わる調査研究、および情報発信
  4. データサイエンティスト育成のための教育活動
  5. シンポジウム、研究会、講演会、講習会、講座、セミナー等の企画、開催、運営
  6. ビジネス機会、就業機会創出のための各種活動
  7. 国内外の関連諸団体等との活動に関する情報交換や連携・協力のための活動
  8. 雑誌・書籍の企画、出版、販売、および音響・映像商品(音声データ、動画データ、その他各種メディア等)の企画、製造、販売
  9. その他本法人の目的を達成するために必要な活動
代表者 代表理事 草野 隆史
所在地


Google マップで表示

〒108-0071
東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
TEL:03-6721-9001(代表)
FAX:050-3153-1219

交通アクセス:東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅
2番出口 徒歩1分

球体のモチーフは、データサイエンティストが今後活躍する「グローバル社会」、複雑に交わる線と円は、行き交う「データ」を表現しております。円の中にはデータの頭文字「D」とサイエンティストの頭文字「S」がモチーフとして隠されております。

イメージカラーには、データサイエンティストの持つ「知的」、「先駆的」、「信頼感」といったイメージを表現するブルーを採用いたしました。

ページトップへ